TDU
東京電機大学


MENU

閉じる

ヒューマノイド研究部へようこそ

あいさつ

 はじめまして、ヒューマノイド研究部の広報を担当します2年の前田と申します。

 この度は東京電機大学へのご入学おめでとうございます。
   ヒューマノイド研究部では2DCADを用いた設計から制御まで、あらゆる知識を習得することができます。
  理工学部生らしいことをしてみたいな、と思いましたら、ぜひお気軽に見学や履修相談にお越しください。

見学・履修相談日時と教室

 ヒューマノイド研究部では下記の通りで行います。ロボットを実際に操縦してみたり、履修相談をしたりできるので、気軽にお立ち寄りください!

日にち 時間 教室
3日(月) 16:30~19:30 3310
5日(水) 16:50~19:30 3250
7日(金) 16:50~19:30 3140
11日(火) 16:50~19:30 3250
13日(木) 16:50~19:30 6103

ヒューマノイド研究部とは?

 俗に言う"2足歩行ロボット"を製作している部活です。新入部員はもれなく初心者ですが、数ヶ月で2足歩行ロボットを製作できるようになります。また、プログラミング技術は一切不要です。もちろん一からプログラムすることもできますが、プログラム無しに簡単にロボットを制御することができます。

 各部員はそれぞれの目標を持ってロボットを製作しています。それは、「ROBO-ONE」という2足歩行ロボット同士の格闘競技大会で良い成績を残すことが目標であったり、見た目を重視した「皆に可愛がられるようなロボット」を製作することが目標であったり、本格的なプログラミングを用いてジャイロセンサや画像処理を駆使し、自律型のロボットを作ることが目標であったりと、実に様々です。

最近の実績

 2016年度の主な実績は下記の通りです。

大会名 結果(ロッボト名)
ROBOT JAPAN 12th フライ級:準優勝(アングラー)
ROBOT JAPAN 12th サバイバルマラソン:第3位(アストラエア)
KONDO BATTLE 学生選抜クラス:準優勝(ディザイア)
中南米ロボットコンテスト ヒューマノイドロボットレーシング:準優勝(ディザイア)
早稲田理工展ロボットフェスティバル 第3位(ディザイア)
第12回ニソコン mini ビーチフラッグ競技:優勝(ランプランサス)
第12回ニソコン mini バトル競技:準優勝(ディザイア)
ROBOT GENERATION 10 in 中央大学 優勝(サツ・マイモ)
ROBOT JAPAN 13th フライ級:優勝(墨)

活動場所・活動日

 ヒューマノイド研究部の活動日は特にありませんが、週に一度、会議があります。ほぼ毎日部室が開いています。

 ヒューマノイド研究部は普段、第二クラブハウスという所で活動しています。バス停から第二クラブハウスまでを以下のGoogleMAPに示したので、ご参照下さい。

最後に

 2足歩行ロボットには底知れぬロマンがあります。制御こそ難しいですが、その分拡張の選択肢が非常に多く、あらゆる動作に対して極めてモジューラーなハードであることは確かであり、近年のヒューマノイドロボット大会ではAIやセンサーの組み込みも要求され、必須になりつつあります。
 このヒューマノイドロボットという将来性のある分野が少しでも気になったら、ぜひ見学にお越しください。

inserted by FC2 system